普段、癌を告知する側の医師は、患者として告知される場面でどのようなことを考えるのだろうか。これまで癌になった数多くの医師を診てきた元国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長の森山紀之氏の分析とともに、様々な癌を患った医師に共通する向き合い方を紹介する。

そのとき、医師は癌告知をどう受け止めるのかの画像

ログインして全文を読む