11年前、外勤先で受けた胸部単純X線撮影で異常を指摘された加藤大基氏。「なんで自分が肺癌に?」との思いは強く、検査結果や周囲からの声かけに気持ちが揺れ動いたという。

34歳で肺癌に。医療従事者の言葉の重みを痛感の画像

ログインして全文を読む