「高血圧治療ガイドライン2014」(JSH2014)発行後に発表された、自動血圧測定に基づく厳格降圧を支持するSPRINT試験や、早朝家庭血圧の重要性を示すHONEST研究などの結果は、従来の血圧管理法に見直しを迫るものだ。高血圧診療のオピニオンリーダーである苅尾氏に、最新のエビデンスに基づく今後の血圧管理のあり方を聞いた。

早朝家庭血圧を125mmHg以下にの画像

ログインして全文を読む