2018年度介護報酬改定で通所リハビリテーションは、4時間以上のサービス提供時間区分が1時間単位に見直される。長時間サービスの基本報酬は、5時間以上6時間未満以外の区分ではダウンになる(図1)。なお、1時間以上2時間未満、2時間以上3時間未満には変更はない。

通所リハビリは提供時間区分が1時間単位にの画像

ログインして全文を読む