2018年度介護報酬改定で創設される介護医療院の早期かつ円滑な転換を促進する観点から、療養病床や介護療養型老人保健施設(転換老健)などからの転換後1年間、算定可能な加算を設ける案が、11月22日の社会保障審議会・介護給付費分科会で示された。

介護医療院、転換から1年間算定可の加算を新設の画像

ログインして全文を読む