中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬基本問題小委員会では11月17日、入院医療等の調査・評価分科会(以下、入院医療等分科会)における検討結果が報告された。同分科会長である武藤正樹氏が報告書の概要を説明し、今後は中医協総会で次期改定に向けた入院医療の議論を本格化させる。

中医協・入院医療等分科会の最終報告書まとまるの画像

ログインして全文を読む