一般病院の2016年度の損益率は前年度比0.5ポイント低い−4.2%だったことが、第21回医療経済実態調査で明らかになった(表1)。11月8日の中央社会保険医療協議会(中医協)総会に報告された。2016年度診療報酬改定で本体が0.49%のプラス改定となり、医業収益・介護収益ともに前年度に比べて増えたが、給与費の伸びなどにより医業・介護費用が膨らんだことが影響した。これらの結果は、2018年度改定に向けた基礎資料となる。

一般病院の2016年度の損益率、−4.2%に低下の画像

ログインして全文を読む