中央社会保険医療協議会(中医協)総会は11月8日、2018年度診療報酬改定に向けて、医療従事者の働き方をテーマに議論した。医療従事者の常勤要件の見直しや医師の勤務場所に関する要件の緩和などの方向性が示され、おおむね了承されたが、医療の質や安全性を担保する観点から慎重な対応を求める意見も出た。

複数の非常勤医配置を常勤とみなすことを検討の画像

ログインして全文を読む