厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は11月1日の総会で、2018年度診療報酬改定に向けて外来医療について議論した。外来診療や訪問診療とスマートフォンを使ったオンライン診察を組み合わせた事例が紹介され、遠隔診療の対象患者や実施条件などが論点として示されたが、診療側委員からは診療報酬上評価することに慎重な意見が相次いだ。

遠隔診療への報酬上の評価のあり方めぐり議論の画像

ログインして全文を読む