社会保障審議会医療部会(会長:自治医科大学学長・永井良三氏)は10月5日、2018年度診療報酬改定の基本方針と、介護医療院の名称の取り扱いについて議論した。2018年度改定が診療報酬と介護報酬の同時改定であり、2025年以降も見据えて医療・介護の提供体制を構築するための重要な節目となることから、四つの改定の基本的視点のうち「地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化、連携の推進」に重点を置くことになった。

介護医療院の名称、一部転換では病院名のみの看板表示も可の画像

ログインして全文を読む