厚生労働省の中央社会保険医療協議会・診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」が9月6日に開かれ、療養病棟入院基本料におけるリハビリテーションや在宅復帰率、医療区分の変化などについて議論した。

療養病棟のリハ提供頻度と在宅復帰率を議論の画像

ログインして全文を読む