社会保障審議会医療保険部会(会長:国立社会保障・人口問題研究所所長・遠藤久夫氏)は9月6日、2018年度診療報酬改定の基本方針を決める議論を開始した。厚生労働省が示した基本認識と改定の方向性のたたき台に対し、各委員が意見する形で議論が進められた。

医療保険部会が2018年度改定の基本方針を議論の画像

ログインして全文を読む