厚生労働省の中央社会保険医療協議会・診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」が7月21日に開かれ、2018年度診療報酬改定に向けて、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟の現状、評価のあり方を議論した。

地域包括ケア病棟、機能によって評価する意見が大勢の画像

ログインして全文を読む