厚生労働省は7月12日の中央社会保険医療協議会総会で、レセプト様式の抜本的な見直しや、重複する届け出内容や必要性が低い報告内容の簡素化に着手し、2018、2020年度診療報酬改定で段階的に実施する方向性を提案した。委員からは大きな異論はなく、今秋にも具体的な論点に沿って議論する見込みだ。

レセプト様式を抜本的に再検討・改変への画像

ログインして全文を読む