厚生労働省は6月22日に「地域医療構想に関するワーキンググループ」を開催。慢性期が過剰な構想区域における地域医療構想調整会議の進め方や、定期開催とは別に臨時で調整会議を開催すべきケースなどを話し合った。それによると慢性期が過剰である場合、介護療養病床の転換を含めた今後のあり方を優先的に話し合い、その後、医療療養病床について検討する方針を厚労省は提案。また、臨時で調整会議を開催すべきケースとして、病院の新設や増床の計画が判明した場合、医師の大幅な増減などにより医療機関の担う役割が変わると想定される場合などを示した。委員からは大きな反論はなく、同ワーキンググループの“親会”である厚労省の「医療計画

「慢性期が過剰なら介護療養病床を優先検討」の画像

ログインして全文を読む