政府は6月2日に経済財政諮問会議を開き、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2017」の素案を発表した。「経済再生なくして財政健全化なし」の基本方針を2015年から引き続き踏襲し、2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する目標を堅持しつつ、国内総生産(GDP)に対する債務残高比率の引き下げを目指すことが強調された。

経済財政諮問会議が「骨太の方針2017」素案を発表の画像

ログインして全文を読む