医療費適正化計画は2006年の医療制度改革で創設され、現在、第1期(2008〜2012年度)が終了し、第2期(2013〜2017年度)の期間中だ。同計画は「高齢者の医療の確保に関する法律」を根拠としており、住民の健康保持や医療の効率的な提供の推進を目標とし、結果、医療費の伸びの抑制が図られることを目指している。

次の医療費適正化計画は県の保険財政運営と一体的にの画像

ログインして全文を読む