厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2月8日の総会で、2018年度診療報酬改定に向けた外来医療の評価のあり方について議論した。今回は議論の端緒であるため厚労省から具体的な論点は示されず、外来医療の提供体制や患者の受診動向、医療費、遠隔診療などに関する資料を基に、中医協委員が意見を述べた。

中医協で遠隔診療の報酬が議論の俎上にの画像

ログインして全文を読む