厚生労働省は2月7日、今国会に介護保険法等の改正案(地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案)を提出した。(1)要介護状態の維持・改善などの実績に応じた保険者への財政的インセンティブの付与、(2)介護医療院の創設、(3)共生型サービスの創設、(4)高所得者の自己負担割合を3割に引き上げ、(5)総報酬割の導入――の5点が柱となる。各項目の概要は以下の通り。

厚労省が介護保険法などの改正案を国会に提出の画像

ログインして全文を読む