中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬調査専門組織「DPC評価分科会」(会長:東邦大特任教授・小山信彌氏)が11月9日に開催され、2018年度診療報酬改定に向けた検討課題が示された。医療機関別係数のうち基礎係数、調整係数、機能評価係数IIについて議論し、委員からはII群病院の要件の見直しや、機能評価係数IIの各係数への重み付けの導入などを要望する意見が出た。

DPC病院、II群の要件見直しなどの要望相次ぐの画像

ログインして全文を読む