厚生労働省は10月26日に社会保障審議会・療養病床の在り方等に関する特別部会(部会長:学習院大学経済学部教授・遠藤久夫氏)を開き、介護療養病床や4対1(診療報酬上は20対1)看護配置を満たせない医療療養病床などの移行先となる新しい施設類型案を示した(表1)。

介護療養病床の廃止に伴う新施設案が示されるの画像

ログインして全文を読む