中央社会保険医療協議会(中医協)は10月19日の総会で、2016年度診療報酬改定の影響などを検証する「入院医療等における実態調査」の内容を了承した。厚生労働省は11〜12月にかけて調査を行い、来年2月以降に中医協の診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」に結果を報告する。同分科会は調査結果を踏まえ、2018年度改定に向けて議論を進める。

診療報酬改定の基礎資料となる調査案を了承の画像

ログインして全文を読む