7月末以降、麻疹の感染拡大が続いている。感染報告は、関西国際空港や大阪市立大学病院など集団感染事例のあった関西圏に限らず、東京都や千葉県、三重県、福岡など全国から寄せられている。川崎市健康安全研究所長で、厚生労働省の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の分科会長でもある岡部信彦氏に、医療者が今取り組める感染予防策を聞いた。

麻疹の感染拡大は思ったより小さく収まるかの画像

ログインして全文を読む