高額薬剤問題は、既に日常診療にも影響を及ぼしている。今後は医師の処方に、様々な角度から制限が掛かりそうだ。将来的には、診療ガイドラインにコストを意識した治療が規定され、個々の診療行為にも費用対効果が問われる時代がやって来る。

費用対効果の検証が進めば診療行為も対象に?の画像

ログインして全文を読む