極めて高い効果を発揮する一方、価格も非常に高い新薬が、相次いで登場している。患者にとっては福音だが、医療保険財政に与える影響が大きく、現行システムの見直しは避けられない。この課題を厚生労働省はどう捉えているのか。現・保険局長(取材当時は技術総括審議官)の鈴木康裕氏に聞いた。

保険給付の仕方には工夫の余地もの画像

ログインして全文を読む