熊本地震では、発生直後から数多くの医療支援チームが現地入りしたが、5月末には全て撤収。熊本の医療は、再び地元の医療機関に委ねられることになった。4月14日の前震発生から1カ月半にわたる医療支援は、どのように展開したのか。県医師会会長の福田稠氏に振り返ってもらった。

熊本地震の教訓を伝えていきたいの画像

ログインして全文を読む