人材紹介会社が派手な求人広告を展開するなど活況を呈している医師の転職市場だが、一般の医師が大学医局を離れて職探しをするようになったのは最近のことだ。医局の力が圧倒的だった1985年から医師の転職サポートを手掛けてきた米満裕樹氏に、この30年間の医師転職市場の変化を聞いた。

ネットで医師の転職スタイルは様変わりしたの画像

ログインして全文を読む