30代の中堅医師が転職に踏み切る動機として大きいのは、やはり「キャリアアップ」だ。日経メディカル Onlineは今年4月、医師の転職に関するアンケートを実施し3243人から回答を得た。このうち、過去3年以内に転職した30〜50代の医師785人に理由を尋ねたところ、30代では「診療・研究の幅を広げたり深めたかったから」という選択肢を選んだ医師が42.5%(複数回答)と最も多かった(図2)。

【30代】転職ではスキルアップと処遇を重視の画像

ログインして全文を読む