「食事が取れないという高齢者では、服用薬がその原因となっていることがある」。こう語る国立病院機構栃木医療センターの矢吹拓氏は、これまでに何度か、骨粗鬆症治療薬の影響で高カルシウム血症を生じた結果、食欲低下を来した患者を経験している。

骨粗鬆症薬で高Ca血症、スルピリドに落とし穴の画像

ログインして全文を読む