ある症状が生じると薬の副作用の可能性は精査せず、薬の追加で対応。処方を開始した薬は症状や検査値が改善してもdo処方─。それが、特に併存疾患の多い高齢者では多剤併用(ポリファーマシー)につながる。薬剤性の有害事象を早期に見抜き、「薬の引き算」も得意な医師が求められている。

処方カスケードの罠を回避せよの画像

ログインして全文を読む