生体肝移植をはじめ数多くの先進医療を手掛ける京都大学病院。その治療過程で免疫不全を来す患者は多い。かつて院内感染事故を経験し、病院を挙げて院内感染防止に取り組む体制を構築した。「感染発生自体は過失ではない。その結果を導いた行為、プロセスの是非が問われる」と一山氏は話す。

「院内感染ではプロセスが問われる」の画像

ログインして全文を読む