DPP-4阻害薬とグルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬では、1週間に1回の投与で済む薬剤が複数登場している。インスリンでは溶解持効型と超速効型の配合剤が発売された。一方、第3相試験まで進み有望視されていた新薬の開発中止も発表された。

新薬動向◆週1回型薬剤は支持を得るかの画像

ログインして全文を読む