発売から7年、我が国では事実上の第一選択薬の地位を築いたDPP-4阻害薬。禁忌や慎重投与となる条件は限定的で、幅広い患者層をカバーする。残る課題は、長期安全性と大血管合併症の発症・進展予防に関するエビデンスの確立だ。

DPP-4阻害薬◆国内で敵なしも課題は残るの画像

ログインして全文を読む