日本に先立つこと54年、1962年から住民登録番号制度を導入している韓国では、住民登録証を提示するだけで医療機関を受診できる。個人の医療記録や健康保険証番号と、住民登録番号を紐づけているためだ。

個人番号との紐づけで診察券も保険証も不要にの画像

ログインして全文を読む