ある日、嘔吐症状を来した4歳男児が崎山小児科を受診した。理事長の崎山氏が診察に当たり、胃腸炎と診断。整腸薬を投与して帰宅させた。しかし帰宅後も吐き気は続き、子どもが突然「具合悪い。お母さんさようなら」と言った。…

崎山・長谷川流◆保護者の直感を重視するの画像

ログインして全文を読む