日本では今後20年間に後期高齢者が倍増し、入院医療が必要な高齢者を病院が受け止めきれなくなる事態が想定される。その多くは心不全をはじめとする慢性疾患の末期患者だ。「高齢の非癌患者の終末期ケアを在宅でどう行うかが、今後の医療の最重要課題の1つ」と平原氏は強調する。

心不全は在宅のコモンディジーズの画像

ログインして全文を読む