2011年、広島大学病院の心不全センターは、院内横断型の組織として発足した。その後、2次医療圏ごとにセンターを配置するという広島県の事業に発展。多職種による情報共有に基づく介入で、医療費半減という成果を収めつつある。

多職種介入で心不全患者の再入院率を半分にの画像

ログインして全文を読む