心不全の急性増悪時の対応はもちろん、その前段の再入院予防においても、多職種による介入は戦略上、必須条件となる。その推進役となる心不全専門の看護師養成も急務だ。チームを構成する看護師、栄養士らは今、何が問題と考えているのか。

心不全看護認定看護師の養成も急務の画像

ログインして全文を読む