心不全に関するガイドラインは、治療戦略を組み込んだものが既に出来上がっている。しかし、実臨床では心不全治療の入り口と出口で課題が山積。特に心不全のハイリスク集団に対しては、必要な先制医療がほとんどできていないのが現状だ。

心不全ハイリスク者への積極介入がカギの画像

ログインして全文を読む