心不全の急増を抑制するためには、臨床経過の全貌を把握しておく必要がある。多職種による心不全チーム医療を実践するなど、新たな取り組みを実践する兵庫県立尼崎総合医療センターの佐藤幸人氏に、心不全の臨床経過と介入ポイントを聞いた。

「隠れた心不全」も拾い上げ、先手を打つの画像

ログインして全文を読む