現在、100万人規模とされる我が国の慢性心不全患者は、団塊の世代が75歳以上に達する2025年には120万人を超える。これに、急性増悪による再入院を繰り返すという心不全の宿命が重なるため、医療体制への負荷は一気に増大する。

心不全患者、10年後には120万人超への画像

ログインして全文を読む