超音波診断装置(エコー)の活用の場が広がっている。軽量・小型化や性能向上が進み、携帯型エコーを聴診器のように持ち歩いたり、これまで見えないとされてきた肺や消化管を見ることができるようになった

聴診器のようにエコーを常時持ち歩く時代の画像

ログインして全文を読む