日本小児科学会中央資格認定委員会委員長の有阪治氏は、新制度による地域医療への影響を強く懸念する1人だ。「現在でも小児科専門医不足が問題になっている地域がある。実際に制度が開始されないと分からないが、今後は研修基幹施設のプログラムの魅力次第で、専攻医の偏在が強まるのではないか」と話す。

新専門医制度が医師偏在を助長するのでは?の画像

ログインして全文を読む