C型肝炎の治療目標は、肝関連疾患の進展抑制と肝発癌の予防だ。IFNフリー療法でウイルスを排除しても、肝発癌リスクはゼロにならない。肝発癌リスクの程度を複数の血液マーカーで判断しつつ、定期的にフォローアップする必要がある。

ウイルス排除後の発癌リスクはどうする?の画像

ログインして全文を読む