IFNフリー療法では、治療失敗時の耐性変異が新たな課題になっている。ジェノタイプ1では早ければ年内に新しいIFNフリー療法が複数、保険適用される見込みだ。治療法の選択に際しては、治療効果や副作用、耐性変異、治療期間などがポイントになる。

著効率100%、耐性変異も少ない画期的新薬の画像

ログインして全文を読む