インターフェロン(IFN)を用いないIFNフリー療法の登場により、C型肝炎ウイルスの排除が大半の患者で実現可能になった。治療成績が良好なだけでなく、副作用が少なく、経口投与で済むことから急速に広まっている。新しい治療薬の特徴や選択のポイント、フォローアップでの課題を紹介する。

C型肝炎はインターフェロンなしで治せる!の画像

ログインして全文を読む