病院や診療科のリスクコントロール体制が、群馬大病院や千葉県がんセンターで見られたような腹腔鏡下手術事故を未然に防ぐ。ここでは、手術リスクをコントロールし、事故を未然に防ぐ有効な体制を構築しているケースを紹介する。

技量や出血量の「見える化」で危機を回避の画像

ログインして全文を読む