群馬大病院や千葉県がんセンターでは、リスクが高い腹腔鏡下手術の実施を、倫理委員会に諮ることなく決めていた。安全性や有効性が確立していない新しい術式は適応、技量、チーム体制などを十分審議し、倫理的な手続きを踏み、第三者が結果を評価する仕組みが欠かせない。

群馬大、千葉がんに欠けていた「4つの手続き」の画像

ログインして全文を読む