遠くに住んでいる親戚など、それまでの経過や状況を分かっていない人が、本人や家族が希望している「積極的治療の中止」を受け入れられず、ターミナルケアが混乱する──。在宅での看取りが増えた結果、こうしたトラブルが珍しくなくなっている。

【Case8】在宅での看取りを「遠方の親族」に説明するの画像

ログインして全文を読む