「良くない知らせ」を伝えるプロセスを看護師と共有できれば、よりきめ細やかなフォローが可能になる上、医師の負担も減る。患者とのコミュニケーションの実際について、がん看護専門看護師に聞いた。

患者の不安や誤解はチームの力で軽減できるの画像

ログインして全文を読む